風土47
我が県のなつかしの味! パートⅢ
貴方にとって懐かしい味は何ですか?
私の故郷にも「みそポテト」や「炒り菜」など地域独特の家庭料理があります。
若いころは「もう一生分食べた」と思っていましたが、今でも懐かしく、無性に食べたくなります。
今月も、各県のそんななつかしの味がそろいました。
取材/撮影 中元千恵子(トラベルライター 日本旅行記者クラブ、日本旅のペンクラブ会員)
※ご紹介した商品は品切れしている場合があります。在庫を各アンテナショップにてお確かめください。
*記載の商品価格は、2014年4月の消費税増税後の税込み価格になっております。
〈白石市・山田乳業㈱〉
フレンドヨーグルト(70g×3個 125円)
 「給食にも出ていたヨーグルトなので、『わぁ、なつかしい!』と言って買っていかれるお客様が多いです」と、お店の方。
 宮城県で長年愛されていきたロングセラー商品。小ぶりの青いカップ、男の子と女の子のキャラクターなど、パッケージからして歴史を感じる。
 味も、食べやすくて、幅広い年代に好まれそうだ。最近、スーパーで販売されている多くのヨーグルトに比べ、しっかり硬めのハードタイプ。でも舌触りはなめらかで、酸味も甘みもマイルド。初めて食べた私も、なぜか子どもに返ったような気分になった。
 山田乳業は明治17年に創業し、蔵王山麓で飼育した乳牛の新鮮な生乳を使った乳製品を生産している。乳製品は「フロム蔵王」というブランド名で、チーズケーキなどおしゃれなスイーツもあるが、この商品はきっと昔ながらの雰囲気を大切に残しているのだろう。朝食にちょうどよいサイズです。
フレンドヨーグルト
でっち羊羹
〈近江八幡市・㈱和た与〉
でっち羊羹(1本 300円)
 これも、「なつかしい」と手に取る人の多い商品だという。
 でっち羊羹は、主に、滋賀や三重、京都、大阪、兵庫、福井などで食べられている羊羹。寒天で餡を固めた練り羊羹ではなく、蒸し羊羹や寒天の量が少ない水羊羹が多い。名前の由来には諸説あるが、昔、商家で働いていた丁稚(でっち)さんが、藪入り(正月と盆の16日前後に奉公人が主人に休暇をもらって実家に帰ること)の際にみやげにしたことで名が付いたともいわれる。
 滋賀県といえば、「買い手よし、売り手よし、世間よし」の三方よしの理念を掲げ、各地で大成功を収めた近江商人の故郷。その発祥地といわれる近江八幡市にある老舗が「和た与」だ。創業は文久三年(1863)。竹皮に餡を包んで蒸した蒸し羊羹が評判となり、近江商人の丁稚さんたちもみやげにしたそうだ。
 袋を開けると、竹皮のいい香り。なめらかな羊羹は品のいい甘さで、小豆の風味がふわっと口に広がる。
 一本一本、職人さんが手で竹皮に包み、気温などによって練り加減や蒸し加減も調整して仕上げているという。愛され続ける伝統の味ですね。
〈三原市・三原農業協同組合 せとだ直販センター〉
ふるさとレモン(15g×6袋 210円)
 「これはいつも家にありました。温かくしてもいいし、冷たくてもいい。一年中飲まれている、広島の定番商品だと思います」とお店の方が懐かしそうに話してくれた。
 作り方は簡単。お湯や水に粉末を溶かすだけ。でも、手軽なだけではなく、この商品、実は栄養面や安全性にも優れている。
 広島県はレモンの生産量が日本一。その中でも町全体で低農薬に取り組んでいる尾道市瀬戸田町の「エコレモン」を使用。エコレモンは環境ホルモンに疑いのある農薬は一切使わず、また、防かび剤・ワックスも不使用なので、皮まで安心して食べられる。
 このエコレモンの果肉と果皮を丸ごと粉末にし、なんと1袋(1杯分)にビタミンCが570mgも入っている。レモン果実1個当たりのビタミンCは20mg換算といわれているので、1杯でレモン28個分のビタミンCという計算に。しかも合成着色料及び合成保存料は一切使用していない。酸味も甘味もほどよく、すっきり飲める。買い置きしたい一品ですね。
ふるさとレモン
ラッキーチェリー豆
〈島原市・㈱藤田チェリー豆総本店〉
ラッキーチェリー豆(150g 378円)
 これも懐かしいですね。関東で生まれ育った私でもそう思うのですから、長崎出身の方はひとしおでしょう。お店の方も「特にご年配のお客様は懐かしそうに手に取られますね」と話してくれた。
 島原みやげの代表格であるこのお菓子。良質なそら豆を雲仙山麓から湧き出る湧水に夏場は一晩、冬場は二晩ゆっくりと浸し、植物油で揚げる。それを、砂糖と生姜、水飴、湧水をゆっくり煮詰めた飴にからめる。生姜と豆の風味、やさしい甘さが相まっておいしい。ついつい手が伸びてしまう。
 それにしても、なぜチェリー豆という名前なのだろう。理由は製造元のHPに書いてあった。店は鹿島市で創業し、地元に桜の名所があったことから英語の先生に「チェリー豆としたらどうか」と勧められたからだとか。大正10年のことだという。チェリー豆は島原~口之津、長洲~大牟田の汽船のお茶菓子に採用され、大正14年に店は島原市に移転した。歴史のある銘菓ですね。
おまけ
〈尾道市・㈱オオニシ〉

若鶏の手羽(1本 127円)
 広島県で、どちらをご紹介しようかと迷ったのがこの商品。
 ご存知ですか? 広島県ではとっても有名な品だそうです。
 お父さんたちのビールのつまみかと思ったら、どうも子どもたちに人気があるらしい。
 「昔は駄菓子屋さんで85円くらいで売っていて、友達とよく買って食べました。『あ、これを売ってるの』と喜んで、10個くらいまとめて買っていかれる方もいらっしゃいます」とお店の方。子どもの頃食べた味が忘れられないのだろう。
 食べてみると、なるほど、ガーリックが効いたたれがおいしい。手羽の肉は硬めだけれど、たれがたっぷりしみている。
 30年以上愛され、パッケージも発売当時のままだという。
若鶏の手羽
 
中元千恵子
中元千恵子 旅とインタビューを主とするフリーライター。埼玉県秩父市生まれ。上智大卒。伝統工芸や伝統の食、町並みなど、風土が生んだ文化の取材を得意とする。また、著名人のインタビューも多数。 『ニッポンの手仕事』『たてもの風土記』『伝える心息づく町』(共同通信社で連載)、『バリアフリーの宿』(旅行読売・現在連載中)。伝統食の現地取材も多い。(朝日新聞デジタル連載記事