風土47
4月恒例!お弁当の友
春爛漫の4月を迎えました。
新年度に入り、新たな学校や職場に通われる方も多いでしょう。
そして、暖かくなり、本格的な行楽シーズンの幕開けでもあります。
毎日の昼食に、あるいはお出かけの時に、お弁当におすすめの品を選びました。
簡単でおいしいものばかり。ぜひお試しください。
取材/撮影 中元千恵子(トラベルライター 日本旅行記者クラブ、日本旅のペンクラブ会員)
※ご紹介した商品は品切れしている場合があります。在庫を各アンテナショップにてお確かめください。
*記載の商品価格は、2014年4月の消費税増税後の税込み価格になっております。
〈下関市・㈱河久〉
ふくのスティックフライ(200g 720円)
 これは断然おすすめ。調理済みのフグのフライを冷凍してあり、自然解凍でそのまま食べられる。忙しい朝、凍ったままお弁当に入れておけば、お昼には食べごろに解凍されているといわけだ。
 下関といえばフグの水揚げ量日本一の町。地元では“福”にも通じる“ふく”とよばれる。この商品を生産する河久(かわく)は、下関でフグの加工品販売を行い、飲食店も経営している。“伝統を守りながらも、新しい挑戦を”をモットーに、このスティックフライのように、気軽にフグが味わえる商品を多く開発しているそうだ。
 味も付いているが、醤油やマヨネーズ、タルタルソースなど付けるとさらに食がすすむ。量もたっぷり入って、3~4食分でこの値段は断然お得です。
ふくのスティックフライ
ふりかけポン酢
〈宇和島市・旭合名会社〉
ふりかけポン酢(60g 537円)
 香川・愛媛せとうち旬彩館の店内で、ちょっと目を引くPOP広告を発見した。“話題のポン酢三兄弟”と書かれ、棚にポン酢、ジュレポン酢、そしてこのふりかけポン酢が並んでいる。
 三兄弟ならぬこの三商品は、すべて明治15年創業の老舗、旭醤油醸造場の商品。4代目当主が、地元の柚子とすだちを贅沢に使って赤字覚悟で商品化にふみきったという。ちなみに醸造場の一棟は国の登録有形文化財だというから、老舗のようすが思い浮かぶ。
 「ふりかけポン酢ってどんなものだろう?」と少し戸惑いながらフタを開けたのだが、いい香りで不安はいっぺんに吹き飛んだ。香料ではない“本物の醤油と柑橘類のいい香り”なのだ。きっと味も良いはずと口に含むと、(当たり前だが)まさに食べるポン酢。不思議とご飯に合う。2015年の全国ふりかけグランプリでソフトふりかけ部門銅賞を獲得した商品だそうです。ポン酢好きの方はきっとはまりますよ。
〈和歌山市・㈱濱辰商店〉
タコステーキ(1枚 270円)
エビステーキ(1枚 270円)
 おいしい。ぷりぷりと弾力があって、たっぷり入ったタコやエビの風味が効いている。
 生産者の濱辰商店は、明治37年創業。地元では有名な老舗蒲鉾店だという。三方を海に囲まれた和歌山は海産物が豊富で、加工品である蒲鉾も名産品の一つだ。
 このタコステーキ、エビステーキは新鮮なイトヨリ鯛、タラなどの上質な白身のすり身に、小エビやタコをたっぷり練り込んで揚げてある。名前に“ステーキ”と付くだけあって大きい。ハンバーグくらいの大きさがある。ご飯のおかずとしても、酒類のおつまみとしても重宝する。
 要冷蔵商品なので、お弁当のおかずにするときは、焼いたり煮たり、火を通してからの方が安心。このほか、店頭ではジャコステーキも販売していた。
タコステーキ|エビステーキ
野沢菜わさび漬
〈小諸市・㈱やまへい〉
野沢菜わさび漬(130g 300円)
 八ヶ岳高原産の野沢菜と安曇野産のわさびを使った粕漬けは、まさに長野県らしいお弁当の友だ。職場に冷蔵庫がある、という方は一個買って入れておけば、300円で毎日少しずつ楽しめる。
 フタを開けると酒粕のいい香りが食欲をそそる。口に入れると、野沢菜の歯応えとツンと効いたワサビの辛み、まろやかな酒粕の風味が絶妙に混じり合う。ご飯にはもちろん、お酒のおつまみにもいい。
 生産者であるやまへいは、主に野沢菜漬けを生産販売しそばなどの信州の味を提供する2店の飲食店を経営している。品質管理を徹底し、こだわりのある旬の素材を使って、最高の品を作り出したいという企業理念があるそうだ。会社の信条を感じる、おいしいわさび漬けです。
〈湯沢市・吉田春雄商店〉
棒たら煮(500g 474円)
 秋田美彩館の店内でも目を引くPOP広告を発見。“吉田春雄商店の人気商品!”と書かれた棚に、昆布巻きなどの惣菜がずらっと並んでいる。
 吉田春雄商店をWeb検索したけれど、ホームページなどは見つからない。想像だが、きっと丁寧に作る惣菜が人気の、地元で愛される家庭的な店なのだろう。
 その棚の一角にあったのが、この棒たら煮。“棒鱈(ぼうだら)”を戻し、着色料や保存料などは無添加で甘辛く煮付けたものだ。
 棒鱈は、マダラを保存できるようにカチカチになるまで干したもので、古くは北前船で全国に運ばれた。秋田でも棒たら煮は古くから作られてきた家庭の味だ。
 やわらかく煮てあって、おいしい。甘味がしっかり付いているが、後味がすっきりしているので食べ飽きない。お弁当の友にぴったりです。
棒たら煮
中元千恵子
中元千恵子 旅とインタビューを主とするフリーライター。埼玉県秩父市生まれ。上智大卒。伝統工芸や伝統の食、町並みなど、風土が生んだ文化の取材を得意とする。また、著名人のインタビューも多数。 『ニッポンの手仕事』『たてもの風土記』『伝える心息づく町』(共同通信社で連載)、『バリアフリーの宿』(旅行読売・現在連載中)。伝統食の現地取材も多い(http://tabipen.net/report/nakamoto01.html